Header Ads

化学の思い出1(小学)

小学校の頃は化学よりも電気に興味があった。ACアダプタに針金をつけて塩水に入れると片方の針金が溶けてしまうので不思議だなぁと思うぐらいで、6年の時の科学クラブでのゼラチンと寒天の実験も、キウイを乗せるとゼラチンが溶けるというのを知ってもそんなに興味がわくようなことはなかった。

普通の授業の理科の先生は

「この塩酸をなめてみろ」

なんて言う変な人で、誰もなめなかったら

「お前ら金玉ついてんのか?」

とわけのわからないことを言ってきた。

0 件のコメント:

Powered by Blogger.