Header Ads

ぼくとピアノ(中学)

中学校に入るとクラスにはピアノを弾ける女子が数人はいて、男子では学年全体でぼくぐらいだった。中2になってからFFの曲をよく音楽室のピアノで弾くようになり、ぼくは注目を集めたが難しい曲は弾くことができず、練習する気にもあまりならなかった。FFの楽譜を音楽の先生に見せるとすらすらと初見(初めて見た楽譜でもその場ですらすらと弾くこと)で弾いてしまうのですごいと思った。ぼくは音符を1個ずつ読んで曲を少しずつ覚えていき、楽譜を見ないで弾くタイプであった。

中学校ではクラスごとに課題曲と自由曲の2曲を歌う合唱コンクールが毎年開催されていた。伴奏は全クラスで女子が担当していてぼくもやりたくないことはなかったのだが、それほど好きでもない曲を弾けるようにする為の練習が嫌だったし、弾ける女子がいるならその人が弾けばいい、というスタンスであった。

ただどうしても弾きたい曲があって、それは校歌と巣立ちの歌だった。でも楽譜がないので弾けなかった。耳コピはできなかったからである。運良く校歌の楽譜は同級生の女の子に頼むと音楽の先生経由でゲットできたらしく、ぼくは楽譜を手にすることができた。嬉しくて練習していたらすぐに弾けるようになった。うまく弾けるようになってから音楽室のピアノで校歌を弾いていると、校歌なんかを好き好んで弾く生徒は全校生徒の中でぼくしかおらず、

「なんでこの時間に校歌が聞こえてくるの? 音楽の○△先生でもいるのかな?」

とまわりに居合わせた生徒は不思議がっていた。そういうのがぼくは楽しかった。


耳コピができれば楽譜など手に入れなくても弾けていたのだろうけれども、ぼくは耳コピで曲が弾けるようになりたいというよりは、普通の人が弾かない曲をさらりと弾いて人を驚かせる、ということがやりたかったのだった。裏で楽譜を手に入れて練習してそれを達成するのと、耳コピで弾いて達成するのとでは、最後に人を驚かせる所は同じなので同じ快感を得ることができる。

それはそれでいいとして、残念ながらきちんとしたシチュエーションで校歌を人前で弾く機会はなかった。そんな折

「立志式のスキー学習で誰かが校歌を弾くらしいよ」

という話を耳にした。中2の時である。結局中1で同じクラスだったピアノが結構うまい女子が弾くことになり、ぼくの所には話が回ってこなかった。

「なんで校歌弾けるのに弾ける人のところに話がこないかなー」

とぼくはふてくされていた。しかし何日か経って先生から

「○○さんが弾けないっていうから、とら君校歌弾いてよ。いつも弾いてるでしょ?w」

と言われたのであった。ぼくはすごく嬉しかったがそれを顔に出さずに

「いいですよw」

と言うのだった。チャンスが巡ってきたのだ! どうして弾くことになっていた女子がだめになったかというと、楽譜を渡されて練習していたが、前奏のところの4小節目で指の長さが足りなくて連続する和音が出せなかったからとのことだった。ぼくは少し心配になり、楽譜を持って小学校の時ピアノを習っていた先生のところに行き、ちゃんと弾けているか確認してもらった。先生が

「こんな曲なのねー」

と言っていた。楽譜のコピーが欲しいと言うのであげた。ぼくは問題なく弾けていた。でも実は前奏が終って歌い出してからの数小節目の和音、これがいくつか多くて重苦しいので、ぼくは勝手に校歌をアレンジして和音ではなく単音で弾いていたのだけれども、音楽の先生には何も言われなかったし、スキー学習の前の校歌の伴奏チェック、みたいなこともされなかったのでこのままぼくのアレンジで校歌を弾くことにした。中1の時の音楽の先生も巣立ちの歌の前奏で3和音を2和音で弾いているところがあったので、「あり」なんだとぼくは思っていた。

そして泊まり込みで行ったスキー学習兼立志式の初日の夜、ぼくが校歌の伴奏をする時間が近づいてきた。ところがぼくは日中慣れないスキーをした為か熱を出してしまってふらふらになっていた。でも途中で間違えたり止まったりすることなく弾ききった。終った後家庭科の先生から

「顔が真っ赤だったよ。大丈夫?」

と言われてしまった。この一件でぼくが校歌を弾けるということが先生達に知れ渡り、

「とら君、校歌弾けるなら全校朝礼で校歌の伴奏やって」

と言われ、

「うわーすごいことになった!」

と思った。初めて体育館の舞台の上のグランドピアノで校歌を弾いた時は立志式の何倍も緊張した。なにせ全校生徒の前に出て行って舞台に上がってピアノの前に座って弾くのである。でも緊張することは好きでヘマをしたことは一度もなかったが、

「みんな声が出てないから練習だ!」

と体育教師が言い出して全校生徒が練習をした時、音楽の先生に途中から弾いてと言われできなくて焦ったり、ちょっと伴奏が早くなってしまうことを指摘されたことはあった。

中3になり、合唱コンクールの時期がやってきた。この時も音楽の先生に

「とら君、校歌と県民の歌の担当だからね」

と言われ、合唱コンクールの開始一番にぼくが全校生徒を対象に伴奏をすることになった。かなりやりがいがあると思った。家には古い88鍵ないオルガンしかなかったが、それで県民の歌を練習し、学校のピアノも放課後弾いたりして準備していった。しかし合唱コンクール直前にぼくは大きな不幸に襲われることになる。理科の授業でアンモニアの噴水を作ることになり、穴のあいたゴム栓にガラス管を差し込む作業をぼくはしていた。その時力を入れすぎたのかガラス管が割れ、その割れた部分が利き手である右手の小指の第二間接脇の柔らかい部分に貫通するという事故に見舞われた。出血がひどかったのでぼくは学校から近くの外科に運ばれて何針か縫ってもらうことになった。事故当時は貫通していたことは知らなかったのだが、病院で医師が

「ほら、貫通してるよw」

とわざわざピンセットを貫通させていた。

ぼくはしまったと思った。せっかくの晴れ舞台が用意されていたのにこんなことになるとは。どうも指の神経が切れたらしく、けがの部位より先の皮膚表面の感覚がおかしくなったが、ぼくはそのことよりも合唱コンクールの伴奏の方を心配していた。音楽の先生からは

「これじゃ伴奏は無理だね」

と言われた。悔しい。この事故の日から合唱コンクールまでは1週間しかなかった。ぼくはどうしても弾きたかったので先生に何度も頼み込んだ。日に日に傷も治ってきて、とは言っても痛みはあるのだが、痛み止めを飲みながら1週間して弾けるぐらいにはなったので、先生もそこまで言うならということで伴奏にOKが出た。だめだったら先生が弾けば問題ないが、先生もぼくがどうしても弾きたいことが分かっていたのだと思う。

それで迎えた合唱コンクール当日だった。指が痛くて弾けないというようなことはなく、ぼくは校歌と県民の歌を弾ききった。市民会館での開催だった為ぼくの母親も見に来ていて、周りの父兄に

「あの伴奏の子は1週間前に割れたガラスで指を貫通するケガをしたそうですよ」

と自分の息子であることを隠して言っていたらしい。何はともあれ無事に終わり、いい経験になってよかった。ただし指揮者の女子には

「ピアノが早くなるから大変だったよw」

と言われた。そう、ぼくは指揮者を全く見ていなかったのだった。

ほかのエピソードどしてぼくがピアノを弾けることを知った女子が、遠い日の歌の最初の部分を教えてというので教えてあげたら喜ばれた。最初の所だけしか聞かれなくてよかった。というのはぼくは全部は弾けなかったからである。それと別の子が

「幻想即興曲弾ける?」

と聞いてきたので

「もちろん!」

と大嘘をついたのだが、その後しばらくしてその子が楽譜を学校に持ってきて、グランドピアノの楽譜置きに立てかけ、

「とら、弾いてよ!」

とせがまれてしまった。ぼくはピアノを前にし椅子に座ったものの

「また今度ねw」

と行って逃げたのだった。部活の後輩には、自分は全学年の課題曲と各クラスの自由曲の全部が弾けるんだよ、などとちょっとした嘘を付いていた。

それから半年ぐらいして中学校の卒業式の季節となった。卒業式では巣立ちの歌を歌うことになっていて、音楽室にあったMY SONGという楽譜集をぼくはこっそり拝借して練習しておいた。だから自分のクラスの音楽の時間に巣立ちの歌を練習する際はぼくが伴奏していた。しかし卒業式の伴奏については

「私がやります」


と音楽の先生が一点張りだったので、卒業式当日ぼくはふてくされていた。中学校生活の最後を校歌の伴奏で締めくくれればと思っていたのに、校歌も先生が伴奏して卒業式は終ってしまったのだった。

0 件のコメント:

Powered by Blogger.